是空VSポイズン

屈中P対空がめくりにも優秀なので
しっかり落としてくる相手にはジャンプは多用できない。


ムチ攻撃(ハートレイド含む)は全てガード後有利なので
しっかりガードをしながら前進し少しずつ端に追い詰めよう。
ハートレイドを打つとポイズンが少し後退する事も
念頭に置いておくと気が楽になる。


ポイズンの屈強Pガード後は若のスラが確定する
距離があるので要トレモで確認。


強刻の先端が当たるくらいの場所だと
相手のムチが当たらないので一方勝ちできる場合多数。
次に刻を嫌がり、刻にあわせて
強ラブミーテンダー(前宙からのかかと落とし)を
してくる場合が多いので強蛮で対空。
EXラブミーテンダーは発生が速いので対空は厳しいか。


ハートレイドのタメ中はジャンプができず
ゆっくり前後にステップしかできない。
EXハートレイド中後は2F不利なので
厳しい状況の場合はVリバする。

是空VSコーディー

コーディー戦


【 ランクマメモ 】


トリガーのパイプとナイフを持っている場合
飛び道具の竜巻(トルネードスイープ)は打てない。


トリガーⅠの場合弾道の速いナイフを投げてくることがある。
ナイフ投げのあとはこちらが有利なように感じるが
3F不利なのを覚えておきたい。


トリガーⅡの場合コマ投げが追加される、
また上空へ弾を打ち上げ後中段でガード崩しからコンボルートがある。



【 立ち回り 】


強Kのスカ確はしっかり反撃したい、
かなり横にリーチが長いのでトレモ等で間合いを覚えたい。
老なら屈強P→中狄、若なら強P→強P、
妥協するなら老は屈中Kや屈強K、若は屈中Pや屈強K。
これをとがめておかないと横の圧力がかなりかかってしまう。
少しでもめりこみガードの場合
老なら弱P→弱刻がつながる場合がある、
若は弱K単発なので迦楼羅天斬につなぐのも手。


VスキルⅠ(ダブルキック)の場合2ボタンで
簡単対空ができるので
飛びは通りづらいかもしれない。



・EXゾンクナックル


EXゾンクナックルガード後は3F不利、
EXゾンクナックルLv.2ガード後は5F不利。
EXゾンクナックルガード後の投げはスカるので後ろガードでしのげる、
EXゾンクナックルLv.2ガード後は投げられる距離なのでVリバ等で回避したい。
EXゾンクのかけ声は「フッ!ビンゴ!」、
EXゾンクLv.2のかけ声は「ストライッ!ゾーンナッコウ!」、
かけ声が正しいかはわからないが全然違うのでトレモ等で
どちらかわかるようにしておくと良いかも。
Lv.2はかなりタメないといけない。

是空VSサガット

ランクマで気づいた対策メモです。


特殊技のステップローキックはガードして2F有利。


特殊技のステップハイキックはガードして3F不利
しゃがんでいると当たらないのでスカしたのを見たら反撃。


VスキルⅠは次にだすタイガーアッパーカットの強化。


VスキルⅡは次にだすタイガーニークラッシュの強化、
強化版の強タイガーニー先端ガードはかなり不利になる。


VトリガーⅡの場合ガード不能のタメローキックに気をつける。
読めたら垂直ジャンプで最大ダメージがとれる。


タイガーショット(上タイガー)は
若のスラが届く距離なら見てから反撃できる。


タイガーニークラッシュは
VスキルⅡ発動時以外はめりこめば中P等で反撃確定。
先端ガード時は微有利程度、
EXもめりこめば5F有利で
先端ガードの場合は微不利程度なので
そんなにおとなしくなる事もない気がする。

是空VSブランカ

是空VSブランカ.jpg


ブランカ戦


【 ランクマメモ 】

老の場合はギリギリまでみて
バックステップローリングなどしっかり対空したい。



【 立ち回り 】

・アマゾンリバーラン(雑巾がけ、前斜め下強P)に対して

ヒット時はダウンするヘッドスラディング。
発生が結構速めなのでこの技が当たる距離はしゃがみガードが必要。
すこしでもめりこめばブランカが11F以上不利なのでしっかり反撃。

老是空めりこみガード時:屈強P→中狄→中刻
若是空めりこみガード時:双虎爪始動の連続技



・ローリングアタックに対して

ブランカお馴染みの横にクルクル回りながら突進する技。
ガード後はブランカが跳ね返ったところにスキがある。

老是空の場合EX刻、
若是空の場合疾駆け→葦刈で安定する。



・エレクトリックサンダーに対して

ストⅡからお馴染みのビリビリ、
ノーマルはガードして3F不利、EXは6F不利。

技をふって勝てる場合もあるが負ける場合もある・・・
判定がどこに強いのか弱いのかわからない・・・



・バックステップローリングに対して

ガードしてしまうと不利になってしまうため、
蛮や通常技で対空したいところ。
手前落ちがよめたら着地のスキを攻撃する。

是空VS春麗

ランクマでの攻略メモです。


通常技がリーチが長く厄介だが前中P、中K、強P、強Kなど
リーチが長い技はガード後こちらが有利ということを念頭に。
強Kはリーチが長いがしゃがんでいると当たらない、
こちらの通常技が当たる位置でスカしたら確実に反撃したい。
差し合いはかなりきついが地上戦を譲ってしまうと
春麗ペースになってしまうのでごまかしながら
なんとか頑張りたいところ。


弾抜け性能がある屈中Pはガード後最大8F有利、
少しでもめりこめば8F有利なので確定をしっかりしたいところ、
スカしたのを見てから通常技で反撃可能。


うしろ強Pの発勁はガード2F不利。


ジャンプして逆側へ蹴る翼旋脚はガード後4F不利。


ちょっと飛んで蹴る前強K(翼旋脚)は
クラカン付きだがスカると硬直がのびるので反撃可能。
ガードで2F有利。


気功拳はあまりスキがないイメージだが
多用する弱気功拳はリュウの波動拳と同じ硬直なので
気功拳が多い春麗は飛ぶのもときには大事。
一応見てから迦楼羅が間に合うのだが
春麗のくらい判定がかなり遠いので
かなり近めでださないと当たらない。


春麗のリバサにEXスピバが読めたら
グラ潰しも含め後ろ下がりで様子見する。


VスキルⅡ中段の覇山蹴はガードして有利が4Fしかない事を覚えておく。


VトリガーⅡの気功掌は初回バージョンのみガード後2F不利、
2発目以降は全てこちらが2F有利。
タメ気功掌はガードできない事を頭にいれておく。


ノーマル百裂脚はガード後8F以上有利なので反撃したい、
EX百裂脚はガード後2F有利なのでおとなしくする必要なし。
空中百裂脚もガード後は2F以上有利。