是空VSセス

屈強P(春麗の屈中Pに似てる)ガード後は
しっかり反撃したい。
先端ガードでも-7F以上なので
中攻撃なら確実に反撃可能。


屈強Kはガードして4F有利だが
反撃できない事が多いので
ガードされる前提で技を振る。


遠距離からのヘカトンケイル(パンチ連打の技)を
読めたら老は屈強P(安定は中K)、
若は屈強P(安定は屈中P)でクラカンがとれる。
垂直からの中Kでも良いが少し難しい。


空中で出せるアナイアレイトソード
(まことの剣に似た技)がかなり厄介、
セスと言えばこの技と言っても過言ではない。
近距離で多用される弱は立ちガードの場合
ほぼ有利なので弱Pなどで流れを止めたい。
しゃがみガードの場合はセス有利。
中距離での釣りに気をつける。
トリガーⅡなら見てから対空しやすい。


連携で使われる弾抜け必殺の
クルーエルディザスター(くるくるしてから回し蹴り)は
強ガード後は2F不利。
読めたら攻撃判定がでる前に通常技をだす。
弱ガード後は8F有利、中ガード後は4F有利なので反撃したい。
中と強の見分けが少し難しい。
中のかけ声は「甘いっ!」
強のかけ声は「しえーいっ!」なので
声で判断しても良いかもしれない。
EXはガードして12F有利だがあまりガードする事はないかも。

是空VSキャミィ

是空VSキャミィ.jpg


キャミィ戦



【 ランクマメモ 】


中Pガード後は3F不利なのでおとなしくする。



【 立ち回り 】



・アクセルスピンナックル(VスキルⅠ)に対して


クルクル回りながらジャンプしての裏拳打撃。
ガードするとキャミィが2F有利。下段に食らい無し。
ほぼ密着の場合裏回りする。
投げ無敵や弾無敵がついていて
一見強そうに見えるが攻撃発生が35Fと結構遅いので
攻撃判定が出る前に潰そう

欲張るなら屈強Pクラカンから最大ダメージへ、
妥協するなら中Pでしっかり反撃。



・スパイラルアローに対して


全スパイラルアロー(EX版・Vトリガー版含む)は
すこしでもめりこめば反撃確定なのでしっかりダメージをとっていきたい。



・キャノンストライクに対して


空中で起動が変化する厄介な技、
ノーマル版・EX版・VトリガーⅠ版ともにみてから対空はできるが
かなり意識をさかれてしまう。
妥協するならトリガーⅡの迦楼羅で安定対空にする。
ノーマル版とEX版は少しでもめりこめば有利、
両方とも腰から下でガードした場合は微不利、
肩から上でガードした場合は微有利以上。
VトリガーⅠ版のみが厄介でガード後裏回りする場合があり
かならず不利フレームを背負う事を忘れないように、
VトリガーⅠの必殺技強化は2回しか打てないのでなんとかしのごう。



・フーリガンコンビネーションに対して


豪鬼の百鬼のような技で派生蹴りと派生スライディングと派生投げがある。
目の前にきた時に打撃(弱Pや中P)をふるかしっかり対空して対応したい。
この技もあるという事をしっかり頭に入れておく事が大事だと思う。

是空VSネカリ

とりあえずランクマで気づいた事まとめです。


VスキルⅡのゲロ(地を這う獣)は
出始めにこちらの攻撃を当てると攻撃判定が消える。
見てから中刻・強刻をあわせれるがシビア。
見てからスラはダメージ勝ちの相撃ちダウン。
飛びなら一番ダメージを与えられるのだが
見てからは厳しいので読みになってしまう。


突進技(円盤の導き)ガード後はほとんどの場合
6F有利なので中Pからコンボへ。
タメ技なので後ろ下がりやしゃがんでいる時は警戒する。


ふみつけの必殺技(勇猛なる決起)は
Vトリガー発動状態でなければ五分以上、
Vトリガー発動中は強のみ2F不利、
EXは2F不利なので後ろ下がりなどで我慢する。
強P→強決起の連携は若の屈弱Pで割り込みでき
カウンターヒットから中Pがつながる。
強P→強決起の連携が多いネカリには
狙ってみても良いかもしれない。