是空VSララ

ランクマでの攻略メモです。

VスキルⅠは前後移動と中段の浴びせ蹴り、
中段ガード後は中P確定なのでしっかり反撃。

サンダークラップ(ビリビリの飛び道具)の
出始めは足元を蹴れる、少しでも反応が遅れると相撃ち以上になる。
EXサンダークラップはガードしても
3F不利だが焦らずに後ろ歩きで間合いをとろう。
画面端でないならEXサンダークラップガード後は
コマ投げが入る間合いではない事を覚えておく。

突進してからのエルボーはガード後
弱は2F有利、中は7F有利なので
トレモで見分けられるようにしておいた方が良い。
弱と中では角度が違い、
弱はお腹あたりに、中は胸から首あたりにエルボー。
中ガード後はしっかり反撃したい。
EX版はガードポイントがあるパナし技、
ガード後は最大ダメージ確定なのでしっかり反撃。

弱エルボーヒットからは投げと打撃の択がくる、
打撃がガードできたらワンガードバクステ、
コマ投げと投げはバクステ入力で回避できる。
ここ場面は運ゲーだと思われる。

コマ投げ・通常投げ・後ろ投げ後からのセットプレイで
一気に試合をもっていかれてる事が多い。

コマ投げや投げの後ララはダッシュして近寄ると1F以上不利なので
投げをくらったあとその場受け身をして
ダッシュしてくるのか打撃またはエルボーをしてくるのか見きわめたい。
エルボーや強攻撃ならガードしてこちらが有利なので反撃したい、
ダッシュしてきた場合はなんとか反応して屈弱Pなどで有利をつくる。
EXコマ投げは見てから反応がかなり厳しい・・・

ララの受け身はかなり見づらい気がする。
ダウン起き上がりに最速弱Pをレコーディングして
起き上がり受け身設定をランダムにして老・若ともに要練習。
ララのその場受け身の場合
若の中武神掌→疾駆け→杜絶(最速停止)→中Pがカウンターヒット。

この記事へのコメント