ランクマでの攻略メモです。


通常技がリーチが長く厄介だが前中P、中K、強P、強Kなど
リーチが長い技はガード後こちらが有利ということを念頭に。
強Kはリーチが長いがしゃがんでいると当たらない、
こちらの通常技が当たる位置でスカしたら確実に反撃したい。
差し合いはかなりきついが地上戦を譲ってしまうと
春麗ペースになってしまうのでごまかしながら
なんとか頑張りたいところ。


弾抜け性能がある屈中Pはガード後最大8F有利、
少しでもめりこめば8F有利なので確定をしっかりしたいところ、
スカしたのを見てから通常技で反撃可能。


うしろ強Pの発勁はガード2F不利。


ジャンプして逆側へ蹴る翼旋脚はガード後4F不利。


ちょっと飛んで蹴る前強K(翼旋脚)は
クラカン付きだがスカると硬直がのびるので反撃可能。
ガードで2F有利。


気功拳はあまりスキがないイメージだが
多用する弱気功拳はリュウの波動拳と同じ硬直なので
気功拳が多い春麗は飛ぶのもときには大事。
一応見てから迦楼羅が間に合うのだが
春麗のくらい判定がかなり遠いので
かなり近めでださないと当たらない。


春麗のリバサにEXスピバが読めたら
投げシケ対応も兼ねて垂直ジャンプ。


VスキルⅡ中段の覇山蹴はガードして有利が4Fしかない事を覚えておく。


VトリガーⅡの気功掌は初回バージョンのみガード後2F不利、
2発目以降は全てこちらが2F有利。
タメ気功掌はガードできない事を頭にいれておく。


ノーマル百裂脚はガード後8F以上有利なので反撃したい、
EX百裂脚はガード後2F有利なのでおとなしくする必要なし。
空中百裂脚もガード後は2F以上有利。