4月2日の是空のバランス調整

4/2バランス調整

【 老是空 】

釣鐘落とし(前投げ)のダメージが120⇒130に変更。
神輿(後ろ投げ)のダメージが140⇒150に変更。
立ち弱Pの上方向の攻撃判定を縮小。
立ち中Pの上方向の攻撃判定を縮小。
しゃがみ弱Pの上方向の攻撃判定を縮小。
ジャンプ強Pの根本部分の攻撃判定を拡大。
梟のヒット/ガード時にEXゲージが溜まらないように変更。
通しの攻撃発生を17F⇒12Fに変更。
通しのヒット効果を吹き飛び⇒のけぞりに変更。
通しのガードバックを拡大。
武神倶羅無・刻/EX武神倶羅無・刻 根元部分・飛び道具部分のダメージを10減少。
弱武神倶羅無・蛮のダメージを120⇒100に変更。
EX武神倶羅無・蛮の初段ヒット時の吹き飛びを変更。
弱武神倶羅無・狄のヒットした際の横方向への吹き飛びを変更。
中武神倶羅無・狄の根本部分ヒット時のダメージを90⇒80に変更。
中武神倶羅無・狄の飛び道具部分のみヒットした際のダメージを80⇒70に変更。
EX武神倶羅無・狄の根本部分ヒット時のダメージを120⇒110に変更。
EX武神倶羅無・狄の飛び道具部分のみヒットした際のダメージを100⇒90に変更。
EX武神倶羅無・狄の打撃部分ヒット時の、二段目以降の攻撃判定を拡大。
EX武神雀羅の方向キー入力による移動値を変更。
EX武神雀羅の発動時の軌道を変更。
宿命が武神倶羅無・刻/蛮/狄のヒット時のみ、キャンセルで発動可能に変更。
韋駄天の韋駄天から発動した通常技の初段のみ、キャンセル可能に変更。

韋駄天の無敵になるタイミングを6F⇒3Fに変更。
韋駄天からのしゃがみ強Pをしゃがみ状態の相手にヒットさせた際に、立ちやられになるよう変更。
迦楼羅天斬のEX武神倶羅無・刻/狄の特定部分がヒットした際に迦楼羅天斬キャンセルすると、
 迦楼羅天斬が全段ヒットしにくい現象を緩和。
迦楼羅天斬の初段発生時の移動距離を変更。
迦楼羅天斬の即時発動型からタイマー型に変更し、必殺技の「迦楼羅天斬」を追加。
迦楼羅天斬のダメージを180⇒140に変更。
迦楼羅天斬のスタン値を200⇒150に変更。
迦楼羅天斬のヒット時の相手の吹き飛び時間を3F削減。
迦楼羅天斬のヒット後、攻撃判定終了後まで飛び道具無敵に変更。
抜山蓋世のヒット時の相手のEXゲージ増加量を60⇒100に変更。



【 若是空 】

鉄鼠(前投げ)のダメージを120⇒140に変更。
雷獣(後ろ投げ)のダメージを120⇒160に変更。
雷獣(後ろ投げ)のスタン値を150⇒200に変更。
雷獣(後ろ投げ)のEXゲージ増加量を80⇒100に変更。
立ち弱Pの上方向の攻撃判定を縮小。
ジャンプ強Pの上モーションの変更を行い、それに合わせて攻撃判定とやられ判定を変更。
ジャンプ強Kの攻撃判定を前方に拡大。
ジャンプ強Kの先行やられを削除。
ジャンプ強Kのやられ判定の縮小と拡大。
蜻蛉切りのヒット/ガード時にEXゲージが溜まらないように変更。
蜻蛉切りのダメージを80⇒90に変更。
蜻蛉切りの二段目発生時の押し当たり判定を上方向に拡大。
蜻蛉切りの二段目の攻撃判定を上方向に拡大。
蜻蛉切りの二段目の持続を2F⇒4Fに変更。
通し(Vリバーサル)の攻撃発生を17F⇒12Fに変更。
通し(Vリバーサル)のヒット効果を吹き飛び⇒のけぞりに変更。
通し(Vリバーサル)のガードバックを拡大。
武神掌のコンボカウントの緩和。
強武神掌のみ、相手に攻撃がヒットした際に飛び道具の相殺判定が発生しなかった現象を修正。
EX武神掌の硬直を20F⇒21Fに変更。
強崩山斗の攻撃発生を27F⇒26Fに変更。
葦刈のダメージを80⇒100に変更。
葦刈のコンボカウントの緩和。
EX葦刈のスタン値を150⇒200に変更。
EX葦刈のコンボカウントの緩和。
月光のコンボカウントの緩和。
EX月光のスタン値を150⇒200に変更。
EX月光のコンボカウントの緩和。
宿命が武神掌/崩山斗/葦刈/月光/武神三毒落としのヒット時のみ、
 キャンセルで発動可能に変更。
韋駄天が韋駄天から発動した通常技の初段のみ、キャンセル可能に変更。

韋駄天が無敵になるタイミングを6F⇒3Fに変更。
迦楼羅天斬の初段発生時の移動距離を変更。
迦楼羅天斬が即時発動型からタイマー型に変更し、必殺技の「迦楼羅天斬」を追加。
迦楼羅天斬のダメージを180⇒140に変更。
迦楼羅天斬のスタン値を200⇒150に変更。
迦楼羅天斬のヒット時の相手の浮きを3F削減。
迦楼羅天斬のヒット後、攻撃判定終了後まで飛び道具無敵に変更。
抜山蓋世がヒット時の相手のEXゲージ増加量を60⇒100に変更。



思いのほか是空は調整が多い気がします。

大きな変更点はやはり『宿命キャンセル』と『迦楼羅天斬』ではないでしょうか。

通常必殺技に宿命がキャンセルできるようになり
弱狄→宿命→弱武神掌のようなわくわくする連続技ができます。
変身ができるキャラなのにコンボに変身が絡んでるのが少なすぎて
がっかりしたのを思い出しました。
また連続技が見つかり次第更新します♪
コンボ後に若是空で近距離戦に持ち込める事も多くなりそうです。

迦楼羅天斬は発動時とタイマー中、2回打てるようになりました!!
コンボの火力アップ、若の対空の安定が見込めますね。
また迦楼羅天斬ヒット後はお気攻めが強力なので
2回相手の体力を奪うチャンスができそうです。

もう一つ気になったのが
『韋駄天から発動した通常技の初段のみ、キャンセル可能に』
です。強K→Vトリ発動→強K→韋駄天→強K→中狄などができます。
この場合通常キャンセルができない
強K・屈強Kなどがキャンセルできるためバリエーションの幅が広がりそうです。

また気づいた事がありしだい更新致すでござるっ!!

是空VSラシード

是空VSラシード.jpg

ラシード戦

【 立ち回り 】

イーグルスパイクなど反撃確定を
しっかり覚える事で立ち回りやすくなる。
機動力が高いキャラなので自分のペースにもっていきづらい。
ス○ウターで戦闘力をはかってくる。



・強Kに対して

アクロバティックなジャンプしてからの蹴り。
ガードすると4F有利なので弱Pが当たる距離なら反撃したい。



・屈強Kに対して

普通の足払い、トレモで動作を要確認。
ガードすると12F有利なのでしっかり反撃確定を。

老是空めりこみガード時:屈強P→中狄→中刻
老是空先端ガード時:屈強K(スカる場合有り)
若是空めりこみガード時:強P→中崩山斗→中武神掌
若是空先端ガード時:屈強K



・前中Pに対して

横に回りながら移動し水平チョップを二回繰り出す打撃技。
「ヒュッヒュッ」って言ってます。
ガードすると2F有利なのでおとなしくならずに反撃に。



・前強Pに対して

ちょいジャンプからの肘落とし。中段技。
ガードすると6F有利なので両是空共に中P始動の連続技を決めよう。



・ジャンプ版Vスキル→派生技に対して

前方のくるくる回りながら高くジャンプする技。
かけ声は「イヤッホゥ!」
派生のノーマル版空中イーグル・スパイクをガードできたら
何でも入るの
で最大ダーメジをとれるチャンス。
派生のEX版は少しスキが少ないので
老是空はEX刻、若是空は強崩山斗で反撃確定。



・地上版Vスキル→派生技に対して

地上を転がりながら近づく技。
かけ声は「サッ!」、下段っぽいが立ちガード可能。
派生技の蹴りをガードできたら6F有利。
少しでもめりこめば中P始動連続技確定



・スピニング・ミキサーに対して

連打する事で多段になるくるくる回りながら攻撃する必殺技。
ガードさせてくる場合は絶対弱。
コマンド版とダッシュ版共にガードすると
こちらが最低でも2F有利という事を覚えておく。
中・強・EXはガードすると反撃確定。昇龍拳のようにリスクがある。
EX版は無敵付きだが被クラカン属性。



・イーグル・スパイクに対して

横にかっとびながらの蹴りを繰り出す必殺技。
ノーマル版・ダッシュ版共にガードすると
20F以上有利なのでしっかり反撃したい。
ノーマル版は当たるとラシードが跳ね返る。
EX版はガードしても貫通していく。

ノーマル版は先端ガード時とめりこみガード時で反撃確定が変わる。
先端ガード時は屈強K、老の場合不安だったらEX刻でも可。
めりこみガード時は歩いて中Pが確定。
EX版先端ガードの場合中Pで反撃できる場合がある。



・空中イーグル・スパイクに対して

名前の通り空中版イーグル・スパイク。
ノーマル版ガード後は歩いて中P以上を狙える。
EX版は1段目ガード時と1段目ガードしない場合でモーションがかわり、
1段目ガード時は跳ね返り、1段目ガードしない場合は2段目が発動する。
1段目ガード、2段目ガード、両方ガードしないいずれのパターンも
老はEX刻、若は強崩山斗で反撃確定する事が多い。



・アルタイルに対して

ラシードのクリティカルアーツ。
1段技なのでガードするとその後くらうことはない。
完全無敵で強いのでリバーサルや割り込みに気をつける。
ガード後は後ろに下がる事もあるのでトレモで最大がとれるよう練習。